~東京をより魅力的な都市へ~

2016年9月、国際都市・東京を舞台とした新しいかたちのマナー向上プロジェクトの推進母体として、一般社団法人Tokyo Good Manners Project(略称TGMP)を設立しました。
TGMPは、東京に暮らす都民および東京を訪れる観光客のマナーを新しいアプローチで向上させ、東京をより魅力的な都市にすることを目標に、永続的な活動を目指します。
都市のマナー向上というと、世界の各都市で行われているような「ゴミを捨てない」、「交通規則を守ろう」といった公共マナー向上キャンペーンが思い起こされますが、本プロジェクトはこのようなマナー啓発をするものではありません。なぜなら、東京のマナーの良さは世界から認められ、評価されているからです。
TGMPが実施した「東京のイメージ」に関する調査によると、「人のマナーが良い」と答えた外国人が全体の約7割(64.9%)に上りました。しかし、「人のマナーが良い」と答えた東京都民は3割以下(24.6%)にとどまり、マナーに対する東京都民と外国人の認識には大きなギャップがあり、都民の自己肯定意識が極めて低いということがみてとれます。
TGMPでは、東京で暮らす一人ひとりが自分たちのグッドマナーに誇りを持ち、東京を訪れる世界中の人々に文化としてのグッドマナーを楽しんでもらうために“TOKYO GOOD“というコンセプトを掲げ、さまざまなアクションを起こしていきます。
そして、このコンセプトを具現化する施策が『TOKYO GOOD MUSEUM』です。これは、東京をかたちのない美術館に見立て、東京のグッドマナーやそれを構成するヒト・モノ・コトを「作品」と定義して収蔵することで可視化させ、世の中に発信する活動です。
TOKYO GOOD MUSEUM編集部が、いまの東京にあるTOKYO GOODを作品としてコンテンツ化して発信、都民やインバウンド観光客からの推薦や投稿によって作品化を行う「マナーキュレーション」と、マナー課題を解決するアイデア創発をしたりグッドマナーを生み出していく「マナークリエーション」の双方を、ミュージアムというフレームを通して世の中に提示していきます。
東京都民のマナー意識を改革するとともに、文化としての“TOKYO GOOD”を世界に向けて発信していくTokyo Good Manners Projectの活動に、どうぞご期待ください。

事業の目的

一般社団法人Tokyo Good Manners Projectは、東京を世界一やさしい街にするための都民および訪都者(国内・インバウンドなど)に対するマナー啓発と向上への貢献を目的とし、その目的に資するため、以下の事業を展開します。

・都民向けコミュニケーション施策の企画・実施
・インバウンド向け体験プログラム等の企画・実施
・マナー向上につながる新たなサービスや商品の創発

組織概要

名称
一般社団法人 Tokyo Good Manners Project
設立年月日
2016年9月
代表理事
平井 信之
理事
竹村 睦
理事
古田 秘馬
理事
半田 昌大
所在地
〒105-0021 東京都港区東新橋2丁目4番1号
サンマリーノ汐留5F
TEL 03-6402-5551
FAX 03-6402-5552